2017 /11
■メールアドレス変更のお知らせ■

旧アドレス 
ayalog@ymail.plala.or.jp

新アドレス
forestshoes@sa3.so-net.ne.jp

instagram
forestshoemaker


インスタグラムにて展示会や出展情報、工房オープンについて告知して行きますので
宜しければぜひご覧下さい。

home pageが古くページによってはご面倒や分かりにくいことがありご不便おかけしています。
このtop画面のみ更新しています。
他のページは更新していないので、古いままであることご了承ください。



Forest shoemaker
399-8501 長野県北安曇郡松川村4543

(最寄り駅:大糸線細野駅から車でおよそ5分
最寄りのIC 安曇野ICから車でおよそ40分)

0261-25-0411(fax/tel)



■展示会のお知らせ■


OUTBOUND

場所:OUTBOUND アウトバウンド
東京都 武蔵野市 吉祥寺本町 2-7-4-101


会期延長中。
ぜひぜひ足を運んでください。




■修 理 靴■

事前にメールやお電話で修理期間をお問い合わせください。
修理期間をお待たせする場合、予約というカタチでお受けし、
修理予定日を予想し、その2週間頃をお伝えしますので、
その時期に送って頂くと、すぐにお返しできます。


修理靴を上記の長野県の住所に送ってください。
(返送時に同じ梱包でお返しします。使わない段ボール箱等で大丈夫です。)


基本修理内容
本底交換を中心に、インソールの交換(くたびれているので)、紐交換、革のメンテナンス。
金額 ¥14.040



上記の基本の内容に下記の内容追加の場合、
コバ縫い直し、中底交換、型くずれ補修のため、かかと部のカウンター入れ替え
カウンターの豚裏革の張り替え等。
金額 ¥17.280



受付時から数えて1〜2ヶ月でお返しします。
請求書を返送靴と共にお入れしますので
大変お手数おかけしますが、お振込にてお支払いをお願いします。
(合計金額 : 修理金額+送料¥900)


本底は削れてないが、インソールはくたびれているということがあります。履き心地が変わった、
膝が痛い時がでてきた等の場合インソールのみの交換だけでもグッと履き心地が良くなります。
ぜひ、インソールの交換だけでもという場合でもお気軽にお問い合わせください。
その際、サイズのみ教えてください。郵送にてお送りします。


靴の状態が恥ずかしくて見せられない、痛いまま眠らせている、
修理が必要なまま履かずに置いていて、修理を悩んでいる等等あると思います。
修理から帰ってきた靴を受取られたら、はじめの表情とは違う
新しい靴の顔とはまた違う生き生きとした、
これからもガシガシ歩くぞ!という顔でお返しできると思います。
プエブロ革 キャメル

定番の植物タンニン鞣しの厚手の一枚革をはじめ、オイルスエード、
履き始めからしなやかに足に馴染んでいくプエブロ革での靴を製作しました。
革の表情が豊かであることは見てすぐにとれますが、足をいれ歩いたときのしなやかさに
驚いています。台風がぶつかった東京での在廊ですが、家に帰った時足が濡れていませんでした。
雨の日になんの躊躇もなく履ける、そんな頼もしい靴となっていました。
この革で、これからどんな靴を作ろうかと考えただけでわくわくしてきます。
こんな靴があったらいいな・・・・そんな靴をまたご紹介する日を楽しみにしていてください。



プエブロ革の靴 

履き始めからしなやかで風合いがあったら、きっとあの時の方も、こんな方も革の堅さに
悩まず、心地よく靴を履けるのではないかと、今まで出会った色んな方の顔や足を思い出
して新たな革で靴をつくりました。
プエブロ革の靴です。
数年後、どんなに素敵に革が育つのだろうと想像しただけでわくわくする革です。
ぜひぜひ、見にいらしてください。



オイルスェードの靴

ずっとタンニン鞣しの一枚革の靴をつくってきました。
4年ほど前からオイルスェードの二枚合わせの靴をはじめました。
どこへでも歩いていってほしい。
そして、何よりも長持ちしてほしい。
時と共に愛おしくなり、足に寄り添う靴であってほしい。
そんな思いから、選び抜かれた素材で出来た靴です。

サンプルの靴を見にいらしてください。
靴を見て、履いていき変わる表情を想像してください。

その昔スェードは高級素材ではなかった。
表革に傷があり、使えない革の裏面を表とし使った。
日常の中で丈夫でいて、ほこりを落とす程度のお手入れですむ、日々の靴だった。

そんな風に日々の中で履いてもらえたら、と思っています。



はじめて作った、厚手のタンニン鞣し革の斜め紐の靴、
夏に素足で履ける靴が欲しくて作った、ストラップシューズ、
甲周りをきっちりと絞って履きたくて作った、真ん中紐の靴
この3タイプと共にお待ちしています。

いつも同じ服ばかり着てしまう。
色違いばかりが増えていく。
でもたまには、ほんの少し違うものが着たくなって、
そんな風に真ん中紐が生まれました。

足下が変わると服の印象や気持ちまで変わるのが楽しくて。
その日の気分で選んだ靴を履き、様々なシーンに合わせて、靴と共に
素敵な一日を過ごしてもらえたら、嬉しい限りです。

たくさんの出会いがありますように。


■ 靴の取り扱い店舗のお知らせ

オイルスエード革
真ん中紐の靴です。
シンプルだけど、歩き易く素直な靴です。

ギュっと紐を縛って履いて、どこまでも歩いて欲しい靴です。

毎日違うシャツを着るように、今日は真ん中紐の靴を選びたい、
そんな気持ちで履きたくて、欲しくて、つくりました。
Forest shoemaker
http://www.forestshoes.com
Copy right Forest. All rights reserved.